つくねの254倍

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねの254倍

つくねと申します。普段の生活を254倍楽しくするような情報などを提供します



→記事一覧←

→漫画、映画、本 紹介←

清宮幸太が出場する神宮球場のナイトゲーム 2時間前から約1000人が列

        f:id:tukunesan:20170427232451j:plain

 

 

清宮幸太朗選手のプロフィール

清宮幸太郎(きよみや こうたろう)

所属:早稲田実業学校高等部

生年月日:1999年5月25日
身長:184cm
体重:97kg

出身地:東京都

 

神宮球場ナイトゲームにて

「春季高校野球・東京大会・決勝、早実-日大三」(27日、神宮球場

 当初の日程と球場を変更し、神宮球場でのナイトゲームで開催された試合は、早実に注目選手・清宮幸太郎内野手(3年)が所属していることもあり、試合開始2時間前から約1000人が列をつくるほどの加熱ぶりだった。

 当初は午後5時にチケットを売り出すと同時に、この試合の入場客を招き入れる予定だったが、1時間20分早めて3時40分からチケット販売を開始。この時点で、東都大学リーグの試合中ではあったが、高校野球の入場客も客席に入れ始めた。

 試合開始2時間前には約1000人以上が入場を待つ列をつくった。球場付近の銀杏並木から秩父宮ラグビー場に裏側に達するほどの長さになった。試合は午後6時4分試合開始。内野席は満員。外野席も4割から半分ぐらいの席が埋まる盛況ぶりだった。

 日大三は初回表の攻撃で6番・日置の3ランなどで4得点した。