つくねの254倍

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねの254倍

つくねと申します。普段の生活を254倍楽しくするような情報などを提供します



→記事一覧←
→恋愛ブログ←

マジで死ぬかと思ったエピソード誰でも1つは持ってる説:水曜日のダウンタウン【2016/08/24】

 

人は誰でもマジで死ぬと思ったことが1度はあるようです。

・学生の頃、太平洋をヨットで航海していて、ソロモン諸島からニューカレドニアに行く間に、5日間のはずが、嵐に2回あって、遭難して10日間掛かって、ニューカレドニアに着いた時には、レモン半分しか食料が残っていなかった。

・巨大な仏像の目を彫っている時に、滑って下のお釈迦さんの手の上に落ちたことがある。

・中学時代に、大学病院に入院した時に、大人用の薬を使われて、それが合わなかったみたいで、意識不明になって死にかけた。

・体育の授業の時に、ゴールキーパーをしていて、高いボールが来た時に、自分より高く飛んだやつにラリアットをくらって、幽体離脱した。

・夜、お腹が空いたので外に買い物に行ったら、包丁を持った通り魔に遭遇した。

・ヤクザみたいな人に、目の前までナイフを突きつけられたことがある。

・服役中に、東日本大震災にあい、2階でミシンの作業中に揺れて、工場が崩れかけた。

引田天功さんは、箱からの脱出マジックを3秒で脱出するが、箱の扉を占めた瞬間に、24本の刃物が箱に刺さるミスがあった。体の16ヵ所に刃物が刺さり血だらけになり記憶はなかったという。

・戦場カメラマンの渡部陽一さんは、ある紛争地の取材している時に、武装勢力によるロケットランチャーが10メートル先に撃ち込まれた。