つくねの254倍

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねの254倍

つくねと申します。普段の生活を254倍楽しくするような情報などを提供します


↓一番読まれている記事↓
寝る前のスマホを止める方法

↓記事一覧を見る↓
記事一覧

芸能界のドンが潰した「夏目三久」報道 交際・妊娠の真相は

芸能 ニュース

 

所属タレント・夏目三久(32)と有吉弘行(42)との交際がすっぱ抜かれたものの、これをひねり潰す。その震源地は、他ならぬ田辺エージェンシー田邊昭知社長(77)だった。

 

 8月24日午前3時ごろ、日刊スポーツのホームページに、こんな見出しが躍った。

夏目三久アナと有吉熱愛! すでに妊娠 番組きっかけ〉

 同紙1面トップでもそれが報じられ、他紙を出し抜く内容である。

 所属タレントのなかでことに寵愛する夏目三久の、本来ならば慶事であるにも拘らず、田邊昭知社長は怒りを抑えきれないでいた。

「『ミヤネ屋』に日刊スポーツのデスクを登場させている日テレのみならず、各局の担当者に対し、“日刊の記事には1秒も触れるな”と厳命しました。結果、情報番組は強姦致傷の容疑で前日に逮捕された2世俳優のことばかりで、夏目と有吉の熱愛はなかったことにされたんです」

笑顔の夏目三久

 とは民放幹部。要するに、交際報道は社長にとって意に沿わないものだったわけだが、

「これほどの情報統制はジャニーズ事務所でもできない。でも、田邊さんはそれを易々とやってのけた。日刊は翌日も続報を掲載しましたが、その他のスポーツ紙は単に、『事実無根』『事務所が否定』としか書かなかった。『目黒』の力を存分に見せつけた形ですね」(同)

 あるいは書けなかったのかもしれないが、目黒とは、この地に本拠を置く田辺エージェンシーのことだ。

■“有吉さんと結婚して…”

 芸能担当記者によると、

「コトの発端は、夏目がテレ朝の『マツコ&有吉の怒り新党』を降板するという情報が流れた今年1月。好調なのに辞める理由がないと、これをキャッチした写真誌が探っていくと、“有吉さんのことが気になっている”と彼女が知人に漏らしていることがわかった。しばらく張りこんだところ、ツーショットが撮れないので撤退したんです」

日刊スポーツの紙面にも堂々報道

 実際に、夏目は「怒り新党」を3月末に卒業している。

「確かに、夏目が番組を去ることになったのは、有吉との交際が原因です。番組のメインはマツコ・デラックスと有吉だから、夏目が退かざるを得なかった。その前後に夏目は田邊さんと面談し、“有吉さんと結婚してゆくゆくは子供を産みたい”と伝えました。加えて、“仕事の量を減らしてもらいたい”とも訴えた。TBSに月~金の帯で『あさチャン!』、日曜には日テレで『バンキシャ!』に出演し続けるのでは、カラダが持たないということです」(同)

 夏目は帯番組のキャスターになってから、恵比寿のウェスティンホテル東京で生活していた。コンディションを万全にという社長の配慮で費用はもちろん会社持ちだった。別の社のデスクが後を受け、

 

 

 

「夏目は、日テレ時代にコンドームの箱を手にした写真を週刊誌に掲載され、どん底を見た。その苦境に手を差し伸べ、2011年2月から引き取ったのが田邊さん。彼女もそれに恩義を感じ、無下にはしたくなかったけれど、意思は固かった。“もう少し仕事に専念してほしい”と思っていた社長も折れ、『あさチャン!』を来年3月で降りる旨を内々にTBSへ伝えたと聞いています」

“目黒”こと田辺エージェンシー

 事実、TBSは夏目の後任に、カトパンこと加藤綾子(31)を据えるべく打診したが、交渉は不調に終わっている。

■軽い脳梗塞

 そして今年6月。今度は、「夏目が有吉の子を妊娠。来春に『あさチャン!』降板」という話が取り沙汰される。

「これまたスポーツ紙や週刊誌が追いかけたもののツーショットが撮れず、妊娠の兆候すら窺えない。みなが匙を投げたところ、日刊が書いてきたんです。チームを作って、複数のネタ元からの情報を精査した結果と聞いていますが……」(同)

「つい最近、社長は軽い脳梗塞を患い、左半身に痺れが残っています」

 と、これは、さる芸能関係者の打ち明け話である。

「“寝不足とストレスが原因だ”と漏らしていたから、夏目の問題がきっかけになったんじゃないですか。そんな状況にあっても、田邊さんの動きは速く、報道後すぐに有吉と彼の所属事務所である太田プロの社長と面談。ドンによる“事情聴取”に有吉は血の気が引いていたようですが、この件は手打ちになりました」

 それが証拠に、TBS関係者のひとりは、

「当初はピリピリしていた夏目も、2日後には打って変わって、“誤報騒動はもう落ち着きました。妊娠してないですよ”とすっきりした表情で話していました。また、TBSは日刊に、“『あさチャン!』の3月降板はない”と抗議している。妊娠はおろか、交際の事実さえもひねり潰したのはドンの豪腕の成せる業でしょう」

 と評するのだった。

■夏目の父は…

 芸能界のいわば父たる田邊社長とは事変わり、目がくりっとして八頭身、渡辺謙に似た夏目の実父・三法(みのり)氏(62)に聞くと、

「彼女の母親とは離婚しています。それ以前も別居していたんです、彼女が中1のころから。なにしろ捨てた子供。向こうにしてみれば、捨てられたと思っているはずです。だから、アナウンサーになって以降も連絡は取っていませんし、彼女の電話番号も知らない」

 まさに別居する13歳のとき、夏目は三法氏が創業したITベンチャー「ホットポット(現・イー・ガーディアン)」の株を贈与され、大株主となっている。10年12月、この会社はマザーズに上場。いまも保有していれば、1億8000万円ほどの含み益を得ている計算だ。それだからと言うわけではないが、

「まあ、あまり心配はしていないですよ、もう大人ですから。いろいろ苦労してきているし、彼女が生きているのは特殊な世界じゃないですか」

 と諦観したように娘を語るのだった。

特集「『有吉弘行』も青ざめる『芸能界ドン』の豪腕 『夏目三久』交際報道は『小林麻美』ご亭主がひねり潰した!」より

週刊新潮」2016年9月8日号 掲載

参照元ライブドアニュース

 

www.tukuneno254bai.com

スポンサードリンク