つくねの254倍

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねの254倍

つくねと申します。普段の生活を254倍楽しくするような情報などを提供します



→記事一覧←

→漫画、映画、本 紹介←

シャンプー時にやってはいけないNG事

シャンプーには洗い方があるってもう皆さんご存知かと思いますが、今回は、意外と知られていない、シャンプーの際の絶対にやってはいけないNG事項をお教えします。髪の毛に関して悩んでいる皆さん、実はその原因はあなたのシャンプーのやり方かもしれません。日頃やっていないかどうか確認してみましょう。

1.熱いお湯でのシャンプーはNG!頭皮のニオイの原因になる可能性が…!

 

熱めのお湯でシャワーを浴びる人が多いのですが、
熱いお湯でシャンプーは絶対にNGなんです。

特に冬場はあったかいお湯で浴びたいところですが、
頭皮に必要な油分まで洗い流され頭皮が乾燥してしまいます。

その結果、乾燥から皮膚を守るために
皮脂が過剰に分泌され、ニオイの原因になります。

また、熱いお湯を使用すると頭皮の温度が高くなり、
それもまた皮脂の過剰分泌につながるのです。

シャワーの温度は、よく38~40度程度の
ぬるま湯が理想だと言われていますが、
シャンプーの時の温度はそれ以下が実はベスト。

「ぬるいなぁ~」と感じる温度設定が本当は理想です。
人によってぬるいと感じる温度は異なるので、
温度設定を意識するのではなく、
自分の体温の感覚で温度調整をするのをオススメします。

ちなみに、あまり熱いお湯でシャンプーすると
カラーなどをされている方は退色の原因にもなります。

熱いお湯とカラーは相性が悪いので、
せっかくキレイに染めたカラーを
すぐに退色させてしまうことになりかねません。

2.髪を濡らして即シャンプーは絶対ダメ!

髪の毛をササッと濡らして
すぐにシャンプーで洗うって方、多いと思います。
でもこれもNG事項の1つ。

例えば洗顔に置き換えて考えてみましょう。
顔をしっかり濡らしていないのに、
洗顔料をのせる人はいませんよね。
そもそも顔が濡れていないと洗顔料が泡立ちません。

シャンプーもこれと同じです。
髪や頭皮をしっかりと濡らさないとシャンプーは泡立ちません。
実は、シャンプーは「しっかりと泡立てる」こと大事なんです。

シャンプーはもともと頭皮を洗うもので
ワックスや髪の汚れ程度であれば、
しっかり最初のお湯洗いをしてシャンプーを泡立て、
泡をのせているだけでも汚れを吸着して取り除いてくれるんです。

髪をガンガン擦り洗いをしなくても、
しっかり泡を立てることで髪を傷めることなく、
効率よく汚れを落とせます。

まずは髪と頭皮を十分にお湯洗いで濡らし、
シャンプーをよく泡立てじっくり洗うことが大切です。

上質なシャンプーを使うとなお良いでしょう◎

 

3.”手触りツルツル”は落とし穴!実は流し足りていないだけ!

これはほとんどの方が当てはまるのではないかと思います。

泡が無くなった=流し完了だと思い込んでいる方が多いのですが、
実は泡が無くなってもシャンプー剤はまだ残っています。

髪を触ってツルツルしているうちは、まだ流したりていません。

シャンプー後の泡は汚れを含んでいるため、
頭皮や髪、顔や体に残っていると
肌荒れや髪の傷みの原因になる場合も。

髪を触ったときに「キュッ」と
指が止まるくらいまでしっかり流すようにして下さい!