つくねの254倍

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねの254倍

つくねと申します。普段の生活を254倍楽しくするような情報などを提供します



→記事一覧←
→恋愛ブログ←

iPhone スマホ 水没後すぐにとる行動とは?

1.電源を切る

iPhoneの電源を入れっぱなしにすると、

濡れた状態で作動しているため、

中の回路が駄目になる可能性があります。

 

故障する原因になりかねません。

よって、まずやることはiPhoneの電源を消すことです。

iPhoneの電源を消すには、

上のスリープボタンを長押しすることです。

【iPhoneが動かない!】ツイッターやLINEアプリでフリーズする場合の対処法!01

すると、消すか消せないのかどっちなんだい!?と聞かれるので、

スライドして電源を消しましょう。

 

2.水分をしっかりと拭き取る

次にやることは、水分をしっかり拭き取ることです。

しかし、その前に装備品等々は外さなければなりません。

これらは必ず外しましょう。

で、外した後にやることは、

水分をくまなく拭き取ることです。

まずは本体周りを、

しっかりとティッシュで拭きとってあげてください。

拭きとった後は、

USB端子の部分やヘッドフォン端子の部分も、テッシュをこより状にして、

しっかりと拭き取ります。

 

この時やってはいけないこと

ただし、この時やってはいけないことが、

いくつかあります。

それは、

iPhoneを振らないことです。

なぜならどんどん内部に水滴が入っていってしまうからです。

 

3.乾燥させる

 最後に、iPhoneを乾燥させる作業です。

一番ベストとされる方法は、

iPhoneを風通しの良い所に安静においておくことです。

テッシュに包んだiPhoneを、

風通しの良い所で寝かせるって書くと、

なんだか病人扱いですね(笑)

乾燥の際にやってはいけないこと

ちなみに、乾燥させればどういった方法でも構わないのですが、

やってはいけないこともいくつかあります。

iPhoneを乾燥させる際にやってはいけないことは、

  1. ドライヤーの温風で乾かさないこと(やるなら送風で)

ドライヤーで乾かすには、送風で乾かすのがポイントです。

というのも、温風で乾かそうとすると、

中の回路が破損する可能性があるからです。

なので、乾かすとしたら送風ですね。

また、お米の中に突っ込むのも、

イヤホンケーブル等に米が詰まる可能性もあるので、

あまりおすすめは出来ません。

応急処置の位置づけで、やってみてください。

 私は米の中に入れて復活しました。

 

前に一度冷蔵庫で冷やすといいと聞きやってみました、電源がつくことはつくのですが、そのあと温かいとこに持っていくと水滴が発生するのでやめたほうがいいです、

 

偽りの情報などもあるので、気をつけてください